ニュース・スケッチ         ▶トップページへ戻る

山根氏(民主・新)が初当選、舟橋氏(無所属・現)が苦汁
 県議選埼玉西7区に新風
      2015年04月12
県議選で初当選を果たし、支援者らと万歳三唱する山根史子候補(中央)
県議選で初当選を果たし、支援者らと万歳三唱する山根史子候補(中央)=午後11時半すぎ、木野目の選挙事務所で

山根氏が現職の舟橋氏破り初当選
 埼玉県議会議員選挙が12日投・開票され、埼玉西7区(川越市・定数4)は川越市議から転身して出馬した新人の山根史子氏(民主党・31)が、3番目に多い1万8,904票を獲得して初当選。
 現職の舟橋一浩氏(無所属・43)が苦汁をなめる結果となりました。

県議選(西7区・川越市)の開票結果
候補者氏名
党派など
得票数
1
福永 のぶゆき
公明党・現
21,781
2
中野 ひでゆき
自民党・現
19,973
3
山根 ふみ子
民主党・新
18,904
4
しぶや 実
自民党・現
16,321
5
  本山 修一
共産党・新
14,573
6
  舟橋 かずひろ
無所属・現
13,754
7
  清水 英生
無所属・新
1,702
有効投票数107,008  12日午後11時33分結了
組織票がっちり固めた現職が再選
 選挙当初から激戦が予想されていたこの選挙区。
 結果的には、現職の福永信之氏(公明党・62)ががっちりと組織票を固め、6期目は2万1,7981票でトップ当選。
 前回、新人ながらトップ当選した中野英幸氏(自民党・53)は精力的な選挙戦を展開、2番目に多い1万9,973票を獲得。
 新人ながら父親の山根隆治・元参院議員との二人三脚で選挙を闘った山根史子氏が、連合の固い支援などで3位当選。
 前回、最下位当選で危機感をバネに闘った渋谷実氏(自民党・71)は、1万6,321票で5期目の再選を果たしました。

本山氏善戦も惜敗、舟橋氏は再選ならず
 一方、山根氏同様、川越市議から転身して出馬した本山修一氏(共産党・67)は1万4,573票と善戦しましたが、渋谷氏に1,748票及ばず惜敗。
 現職の舟橋一浩氏(無所属・43)は、父・舟橋功一前市長と祖母・松山千恵子元衆院議員を相次ぎ亡くした矢先の選挙戦を闘いましたが、1万3,754票と振るわず3期目の再選はなりませんでした。

初当選し支援者から花束を受ける山根史子候補(右)=午後11時50分ごろ、木野目の選挙事務所で
初当選し支援者から花束を受ける山根史子候補(右)=午後11時50分ごろ、木野目の選挙事務所で
予想超す開票速報に「やったぞ」「すごい」
 初当選した山根氏の選挙事務所(木野目)では、午後11時すぎに「1万5,000票で2位」の中間報告(開票率73.27%)が伝えられると、詰め掛けた支援者らから「やったぞ」「すごい」などのどよめきが
 11時半すぎに開票率98.61%の段階で1万8,903票が伝えられ、山根候補が事務所に姿を現すと支援者らと握手攻めに。
 先の衆院選を共に闘った小宮山泰子・衆院議員や、市議会同会派の先輩・山木綾子氏や片野広隆氏、父・山根隆治元参院議員や支援者らとともに万歳三唱で初当選を祝いました。

当初、父からの県議選出馬要請に戸惑いも
 父親の隆二氏は、「県議選に出馬するよう話したのは私。本人は市議を貫くつもりだったらしく、最初は戸惑っていたが、昨年の夏ごろからは覚悟を決めて私と力を合わせて頑張った。体力の限界を超すような選挙戦を辛抱強く乗り越える様子は、父親の目から見ても感心した」などと話していました。

午後9時と同時に投票箱を開ける職員ら=下老袋の川越総合体育館で
午後9時と同時に投票箱を開ける職員ら=下老袋の川越総合体育館で
「女性やシングルマザーからも応援された」
 史子氏は、報道陣に「勝因は連合の皆さんが一枚岩となって応援してくれたことや、街なかの運動で多くの女性が真剣に耳を傾け、共感してくれたこと。私と同じシングルマザーの人からたくさんの応援をもらったことも嬉しかった」などと選挙戦を振り返っていました。

「市議の経験生かし川越市民の声を県政に」
 また、史子氏は本紙取材に「市議の経験で、議会で自分の意見を通していくためには、ただ主義主張を一生懸命訴えていくだけでは駄目で、議会全体の根回しや調整が重要なのだということがよく分かった。市議の経験を生かし、これからは県議としてさらに勉強して川越市民の声が県政に反映するよう頑張っていきたい」などと話していました。

投票率は前回比0.91ポイント低い38.64%
 今回の選挙は投票率が38.64%(男38.53%・女38.75%)と、前回より0.91ポイント(男0.7ポイント減・女1.11ポイント減)低下。
 当日有権者数は28万783人(男14万8人・女14万775人)で、投票者数は10万8,503人(男5万3,949人・女5万4,554人)でした。
 埼玉西7区では、下老袋の市総合体育館で市職員253人が開票業務にあたり、市内56カ所の投票所から集められた投票箱を午後9時に開封。前回より3台多い7台の自動仕分け機を使いながら票を数え、午後11時33分に結了しました。
 
< 過去のニュース短信へ >     <ニュースの窓へ>     <トップページへ>