ニュース・スケッチ         ▶トップページへ戻る

「君たちは一人じゃない」
 松本零士さんが宇宙と命について講義
        2016年06月25
今年度第1回の講義で子どもたちに宇宙と命について話す松本零士さん(左)
今年度第1回の講義で子どもたちに宇宙と命について話す松本零士さん(左)

遠藤克弥・子ども大学かわごえ学長
遠藤克弥・子ども大学かわごえ学長
板東博之・川越市副市長
板東博之・川越市副市長
浅子藤郎・鶴ヶ島市教育長
浅子藤郎・鶴ヶ島市教育長
久保君人・尚美学園大学長
久保君人・尚美学園大学長
松本零士さんが入学式に続き講義
 「子ども大学かわごえ」(遠藤克弥学長)の第9回入学式が、25日午後1時から的場北の東京国際大学(高橋宏学長)で開かれ、今年度第1回の講義で漫画家の松本零士さん(78)が登壇。
 新入学生(小学4〜6年)170人と保護者らが約2時間にわたり、宇宙と命について話を聞きました。

OHPを使い、子どもたちに「銀河鉄道999」のメーテルを描いて見せる松本零士さん
OHPを使い、子どもたちに「銀河鉄道999」のメーテルを描いて見せる松本零士さん
子どもたちの好奇心から学ぶ楽しさ育む
 「子ども大学かわごえ」は、子どもたちの「なぜ?・どうして?」といった好奇心から学ぶことの楽しさを育み、知識や生きる力を身に付けてもらおうと8年前、酒井一郎理事長らが中心となって開校。2011年には県のNPO大賞も受賞
 今では、そのコンセプトに共感した同様の教室が次々と開設。全国各地に広がりを見せています。

副市長や教育長らが子どもたちにエール
 9回目となった入学式では遠藤学長のほか、川越市の板東博之副市長・新保正俊教育長、鶴ヶ島市の浅子藤郎教育長、久保君人・尚美学園大学長らが来賓として出席。
 大学レベルの知識が学べるチャンスに恵まれた子どもたちに、それぞれの言葉でエールを送りました。

「私たちの宇宙『いのち』への旅立ち」を講義
 午後2時から始まった講義では、松本さんが「私たちの宇宙『いのち』への旅立ち」のテーマで講演。
 講師を務める松本さんは、「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」などの作品で知られる世界的な漫画家。旭日小綬章・紫綬褒章・フランス芸術文化勲章なども受賞しています。

松本さんが投げ掛けるクイズに、子どもたちが一斉に挙手
松本さんが投げ掛けるクイズに、子どもたちが一斉に挙手
「何をやりたいか、何になりたいかが大切」
 松本さんは、スクリーンにNASAが撮影した金星の地表写真を投影。「小さいときから火星や金星に行くのが夢だった。僕の漫画のテーマは、未来の地球を守りたいという思い。自分の夢を描きたかった。僕が死まで、どの漫画も完結しません」などと紹介。
 「子どものころから宇宙や命について興味があり、隕石や化石を集めてきた」「宇宙船のロック装置や重力安定装置など、昔、自分が夢見て漫画に描いてきた技術は専門家の力で現実のものになってきている。自分は何になりたいか、何をやりたいかという信念を持つことが大切。自分の好きなことを見つけて、願いや目的に向かってへこたれずに頑張って下さい」などと話しました。

松本零士さん(右)が集めた隕石や化石を手で触り、感激する子どもたち
松本零士さん(右)が集めた隕石や化石を手で触り、感激する子どもたち
「夢を叶えるには丈夫な体づくりが必要」
 また、OHP(実物投影機)や自らが趣味で集めた隕石や化石などを使いながら、子どものころの思い出や、宇宙の神秘や命の大切さなどについて分かりやすく説明。
 戦時中に野山を駆け回り、海や川で泳いで育った経験などを紹介し、「子どものころから、遊びや運動で体を鍛えていくことが大切。大人になって夢を叶えるためには、丈夫な体を作っていかなければいけません」などと話しました。


NASAが撮影した金星の地表写真を見せながら夢について話す松本零士さん
NASAが撮影した金星の地表写真を見せながら夢について話す松本零士さん
「君たちは一人じゃない。遺伝子の中に命が」
 松本さんは、何世代も前の先祖が描いた女性の絵が自分の漫画のヒロインそっくりだったことに驚いたエピソードを紹介。
 「君たちは一人ではない。皆さんの遺伝子の中に、過去何万年もの命が息づいている」「ライバルがいるから頑張れる。ほかの人の生き方・考え方に敬意を払って力を合わせれば、明るい未来は必ずやって来る。地球の未来は皆さんに懸かっている」などと励ましました。

「人は生きるために生まれてくる」
 講義後、松本さんは本紙取材に「人は生きるために生まれてくるということと、時間は夢を裏切らず夢も時間を裏切ってはならないない。2つが出合ったら夢は叶うと信じて頑張ってほしいということを伝えたかった」などと話していました。
 子どもたちからは「隕石や化石が触れてうれしかった」「宇宙や命の大切さがよく分かった」「一つの夢を持ち続けられるって、すごいと思った」などの声が聞かれました。
(写真は的場北の東京国際大学で)
 
< 過去のニュース短信へ >     <ニュースの窓へ>     <トップページへ>