ニュース・スケッチ         ▶トップページへ戻る

議長に小ノ澤哲也氏を選出
 議運委員長に桐野忠氏、副に中原秀文氏
      2016年04月14
小ノ澤哲也議長
小ノ澤哲也議長
桐野忠・議運委員長
桐野忠・議運委員長
中原秀文・副委員長
中原秀文・議運副委員長
新議長に小ノ澤哲也氏が選出
 14日午後1時から開かれた川越市議会第三回臨時会で、吉田光雄氏(自民党・68)に代わり小ノ澤哲也氏(公明党・54)が新しい議長に選任されました(関口勇副議長は留任)。

議運委員長に桐野氏、副に中原氏
 また、三上喜久蔵氏(自民党・70)に代わり桐野忠氏(公明党・52)が議会運営委員会の委員長に、中村文明氏(公明党・49)に代わり中原秀文氏(やまぶき会・53)が副委員長に選ばれました。

公明党の議長就任は8年ぶり
 この日、本会議の冒頭で吉田光雄氏の議長辞職願いが諮られ、全会一致で許可。
 続いて行われた議長選挙では、出席議員34人が単記無記名で投票。うち有効票28票の全てを小ノ澤氏が獲得し、議長に選出されました。
 公明党の議長就任は、2008(平成20)年の石川隆二氏以来8年ぶりとなります。


市議4期目で副議長など歴任
 議長に選任された小ノ澤氏は、1962(昭和37)年1月生まれの54歳で豊田本に在住
 2003(平成15)年に市議に初当選して以来4期目で、これまでに議会運営委員会の副委員長・委員長のほか総務常任委員会の副委員長、建設常任委員会の委員長、監査委員や消防組合議会議員などを歴任。
 2011(平成23)年5月から2012(同24)年6月までは副議長も務めました。

「議会改革の前進に尽力したい」
新たな議長に小ノ澤哲也氏が選出された川越市議会の本会議場(イラスト)
新たな議長に小ノ澤哲也氏が選出された川越市議会の本会議場(イラスト)
 着任にあたり、小ノ澤氏は本紙取材に「議会がいっそう活性化することで、市民・市・議会のさらなる発展に役立つよう誠心誠意務めたい」「一般質問の議会中継・時間制の導入・対話方式の採用など、現在議会運営委員会で進められている議会改革が進むよう自分も尽力したい」などと抱負を話しました。

臨時会の議案は全会一致で可決
 なお、今臨時会にかけられていた議案「市立南古谷小学校増築工事請負契約の変更について」は全会一致で原案通り可決。この日追加提出された専決処分議案2件と監査委員の選任同意も全会一致で承認・同意されました。
 
< 過去のニュース短信へ >     <ニュースの窓へ>     <トップページへ>