ニュース・スケッチ         ▶トップページへ戻る

副市長に栗原薫・板東博之氏選任
 新しい教育長に新保正俊氏を任命
      2016年03月18
副市長に選任された梶栗原薫氏
副市長に選任された梶栗原薫氏
【副市長】
栗原 薫氏

(くりはら かおる)
生年
月日
1954(昭和29)年7月10日
年齢
61歳
住所
川越市川鶴1丁目
【 職 歴 】
1978(昭和53)年4月
川越市に就職
1995(平成7)年4月
総務部職員課 人事係長
1997(平成9)年4月
企画財政部財政課 財政第一係長
1999(平成11)年4月
財政部財政課 課長補佐
2002(平成14)年4月
政策企画部 行政管理課長
2003(平成15)年4月
市長室 行政管理課長
2006(平成18)年4月
市長室 参事
(行政管理課長事務取扱い)
2007(平成19)年4月
総合政策部 参事
(行政管理課長事務取扱い)
2008(平成20)年4月
福祉部長
2009(平成21)年4月
福祉部付理事
(川越市社会福祉協議会へ派遣)
2011(平成23)年4月
企画監
2012(平成24)年4月
福祉部長
2014(平成26)年4月
総務部長
2015(平成27)年3月
定年退職
2015(平成27)年4月
川越市上下水道事業管理者
副市長に選任された板東博之氏
副市長に選任された板東博之氏
【副市長】
板東 博之氏

(ばんどう ひろゆき)
生年
月日
1963(昭和38)年11月4日
年齢
52歳
住所
さいたま市浦和区岸町5丁目
【 職 歴 】
1986(昭和61)年4月
埼玉県に就職
1996(平成8)年4月
総務部地域総務課付
(久喜市財政課長)
1997(平成9)年4月
総合政策部 まちづくり支援課付
(久喜市財政課長)
1998(平成10)年4月
総務部財政課 主査
(予算・財務管理担当)
2003(平成15)年4月
県営競技事務所 主幹
県営競技事務所付
(浦和競馬組合 総務課長補佐)
2005(平成17)年4月
総合政策部 改革政策局長付主幹
(出資法人担当)
2006(平成18)年4月
総合政策部 行政管理課主幹
(出資法人等担当)
2007(平成19)年4月
総務部 財政課主幹(交付税担当)
2008(平成20)年4月
企画財政部 財政課主幹(議会担当)
2009(平成21)年4月
企画財政部 財政課 副課長
2011(平成23)年4月
上尾県税事務所 所長
2012(平成24)年4月
産業労働部 金融課長
2014(平成26)年4月
産業労働部 産業労働政策課長
   
   
   






































教育長に任命された新保正俊氏
教育長に任命された新保正俊氏
【教育長】
新保 正俊氏

(しんぽ まさとし)
生年
月日
1955(昭和30)年7月21日
年齢
60歳
住所
川越市神明町
【 職 歴 】
1980(昭和55)年4月
川越市立今成小学校 教諭
1984(昭和59)年4月
川越市立寺尾中学校 教諭
1995(平成7)年4月
川越市立福原中学校 教諭
1997(平成9)年4月
市教委 指導部学校教育課 指導主事
1999(平成11)年4月
市教委 学校教育部教育指導課 指導主事
2001(平成13)年4月
川越市立南古谷中学校 教諭
2003(平成15)年4月
市教委 学校教育部教育研究所 研修係長
2005(平成17)年4月
市教委 学校教育部教育指導課 課長補佐
(指導係長事務取扱い)
2006(平成18)年4月
市立高階西中学校 教頭
2009(平成21)年4月
富士見市立水谷中学校 校長
2011(平成23)年4月
市教委 学校教育部 副部長
(教育指導課長事務取扱い)
2013(平成25)年4月
市教委 学校教育部 部長
2014(平成26)年4月
川越市立富士見中学校 校長
風間副市長の後任に栗原氏・板東氏選任
 川越市の川合善明市長は18日、今月31日に退職する風間清司副市長の後任に現・上下水道事業管理者の栗原薫氏(61)と、県産業労働部・産業労働政策課長の板東博之氏(52)を選任する同意案件を、市議会第二回定例会(吉田光雄議長)最終日に追加上程。
 いずれも全会一致で同意されました。着任は4月1日からで、任期はともに4年。

1年ぶりに県から副市長招き2人体制に
 同市が県から副市長を招くのは、昨年3月に奥山秀氏が退職して以来1年ぶりとなります。
 栗原氏は、川越市川鶴在住で61歳。これまで総務部長や福祉部長などを歴任、昨年3月に定年退職後は市上下水道事業管理者を務めてきました。
 一方の板東氏は、さいたま市浦和区岸町在住で52歳。これまで上尾県税事務所長や産業労働部金融課長などを歴任。現在は県産業労働部の産業労働政策課長を務めています。

新保氏は中学校長や学校教育部長など歴任
 また、川合市長は31日に退職する伊藤明教育長の後任に、市立富士見中校長の新保正俊氏(60)を任命。こちらも全会一致で同意され決定しました。
 教育長に選ばれた新保氏は、神明町在住で60歳。これまで、市立高階西中教頭や富士見市立水谷中校長などを歴任。市教委では学校教育部長などを務めてきました。


4月6日から臨時議会、部課長級職員を紹介
 この日、今議会に提出されていた新年度予算案など議案45件は、すべて原案通り可決されました。
 川越市議会では、4月6日から14日まで臨時議会の開催を予定。人事異動により一新した部課長級職員全員が本会議場に顔を揃え、一人ずつ紹介される予定です。
 
< 過去のニュース短信へ >     <ニュースの窓へ>     <トップページへ>