ニュース・スケッチ         ▶トップページへ戻る

新学校給食セ契約、原案可決
 継続審査の文教常任委
      2016年01月08
文化教育常任委員会で新学校給食センターの継続審査が行われ、15日に臨時議会が開かれる川越市議会(イラスト)
文化教育常任委員会で新学校給食センターの継続審査が行われ、15日に臨時議会が開かれる川越市議会(イラスト)
新学校給食セ除き、原案可決し閉会

吉田光雄議長
山木綾子委員長
山木綾子委員長
 川越市議会(吉田光雄議長)の文化常任委員会(山木綾子委員長)が、8日午前10時から市役所第三委員会室で開会。
 昨年末に開かれた市議会第5回定例会(12月議会)で27議案中、唯一議決されずに休会中の継続審査となっていた、(仮)市新学校給食センターの整備運営事業契約について審査。
 
各会派の委員により午後2時45分まで質疑が行われ、採決の結果、賛成多数で原案通り可決されました。
 この結果は15日午後1時から開かれる第1回臨時議会で委員長報告され、全議員に諮られて議決の是非が問われる予定です。

安全性確保や管理体制などただす
 同委員会には通常、文化教育行政に関わるすべての部署の幹部職員が出席しますが、この日は新学校給食センターの議案審査のみとなったため、市側からは所管する市教育委員会部局の幹部職員や伊藤明教育長、梶川牧子・教育委員長らのみが出席。
 この議案は市の学校給食センターについて、PFI方式により15年間も1事業者(グループ)に運営を託すもので、本会議でも複数の議員が問題点を指摘。この日も、各委員が学校給食の安全性確保や管理体制・運営内容などについてただしました。
 この日、交わされた主な質疑の内容は次の通り。
文教常任委(継続審査)の主な質疑(質問順・骨子のみ・表現や用語などは実際とは異なります)
小野澤康弘委員
小野澤康弘委員
(やまぶき会)
Q前回、12月21日に開かれた常任委員会では「見学コースから見えない部分にはカメラが設置される」という答弁だったが、見学コースにはカメラは設置されず、常時映像が記録されないのに安全性は担保されるのか? どう管理するのか? 

学校教育部 参事

A材料調達から配送に至るまで、調理作業の一連の工程をすべて確認できるような施設となるようにしたい。業者も対応可能と言っている。
桐野忠委員
桐野忠委員
(公明党)
Q不審者の侵入など防犯対策は? 放射能チェックや市民への公表の体制は?

学校教育部 参事

A非接触型カードリーダーを設置し、不審者の入館を制限。警備会社とも契約を結んでいる。放射能の管理については、これまで通り3品目について毎日チェックし公表していく。
牛窪多喜男委員
牛窪多喜男委員
(市民フォーラム)
Q生駒市で起こった職員による事件など、異物混入をどう防いでいくのか? 同地区はハザードマップによると、荒川・入間川がはん濫した際に最大1mの浸水が予想されているが、大丈夫なのか?

学校教育部 参事

A故意による異物混入の対応には、カメラ設置が効果を発すると考えている。給食センターの床と配送車両のコンテナは同じ高さで設計されており、浸水の心配はないと考える。
三上喜久蔵委員
三上喜久蔵委員
(自民党)
Q川越産の野菜や食材を、これまで以上に使っていく考えは? 農薬の使用状況など、農家の生産履歴はどうチェックしているのか?

学校教育部 参事

A地場産野菜はこれまで季節に生産される分だけ使用し、それ以外は他の産地のものを使っていたが、一次加工施設を新設することで冷凍保存が可能になるため、使用割合を20%以上にすることを目指したい。生産履歴については把握していない。
樋口直喜委員
樋口直喜委員
(政晴会)
Q市の立ち入り検査体制は? 業者からの報告書の内容確認・チェック体制は?  

学校教育部 参事

A何らかの問題が生じた際には随時検査を行う。定期的な検査についても検討したい。報告書の内容確認について、具体的な手法はまだ考えていない。
池浜あけみ委員
池浜あけみ委員
(共産党)
Q15年もの長期にわたって一事業者に委託することで、業務の質低下は心配ないのか?

学校教育部 参事

A業務の質が低下した場合など、要求水準書に基づいて業者にペナルティーを科すことになっている。
 
< 過去のニュース短信へ >     <ニュースの窓へ>     <トップページへ>