ニュース・スケッチ         ▶トップページへ戻る

「夜間照明付けエルフェン川越に」
 川越後援会が選手らと交流食事会
      2015年09月28
最終節の決戦で岡山湯里ベルを1-0で破り、勝利を喜び合うASエルフェン埼玉のメンバーら=ASエルフェン埼玉提供
最終節の決戦で岡山湯里ベルを1-0で破り、勝利を喜び合うASエルフェン埼玉のメンバーら=ASエルフェン埼玉提供
決勝点をたたえ合うメンバー=ASエルフェン埼玉提供
決勝点をたたえ合うメンバー=ASエルフェン埼玉提供
交流食事会で川越のファンらと勝利を喜ぶエルフェンの選手ら
交流食事会で川越のファンらと勝利を喜ぶエルフェンの選手ら

川越のファンらエルフェンの全選手と交流
 川越市内にも根強いファンの多い、女子サッカーなでしこ1部リーグの「ASエルフェン埼玉(以下、エルフェン)」(吉田弘監督)。
 その選手らを励まし親ぼくを深めようと、27日午後6時から日高市のサイボクハム(笹崎静雄社長)レストランホールで、川越後援会(藤崎榮一会長)が選手らを招いて交流食事会を開きました。
この日、川越地方で観測された「スーパームーン」の満月=午後6時22分撮影
この日、川越地方で観測された「スーパームーン」の満月=午後6時22分撮影
 交流会は、昨年に続き2回目。この日は、全選手や監督・コーチなどチームスタッフのほか、後援会のメンバーやファンら約70人が参加しました。

この日の勝利、スーパームーンが祝福
 エルフェンは、県西部を中心に全国で活躍。この日、川越運動公園陸上競技場で行われた最終節の決戦(第18節)で「岡山湯郷ベル」を1-0で破り、地元ファンの期待に応えました。
 この日は1年で月が最も近づき、大きく見える「スーパームーン」となる日。川越地方でも見事な中秋の名月が昇り、エルフェンの勝利を祝福するように満月が輝いていました。

藤崎榮一・川越後援会長
藤崎榮一・川越後援会長
川合善明・川越市長
川合善明・川越市長
片岡方和・ちふれ化粧品社長
片岡方和・ちふれ化粧品社長
早乙女秀雄理事長
早乙女秀雄理事長
川合市長もプライベートで試合を応援
 交流会では、藤崎会長が「エルフェンは昨年後半の頑張りで1部リーグ入りを果たした。今年の頑張りにも期待が掛かっており、全力で応援していきたい」などと挨拶。
 この日、プライベートで試合の応援に駆け付けたという川合善明・川越市長が、来賓として「薊(あざみ)キャプテンのシュートがバッチリ決まるなど、素晴らしい試合だった。これからも川越市民と共に応援しますので、ますます活躍して下さい」などとエールを送りました。
 また、早乙女秀雄理事長が「エルフェンの皆さんには全員で力を合わせてぜひ優勝を目指してほしい」などと励ましました。

選手らと市民がバーベキュー囲み歓談
 食事会では、選手雇用や練習場の提供など長年にわたりチームを支えてきた、ちふれ化粧品の片岡方和社長の音頭で乾杯。
各テーブルでバーベキューを囲み歓談
各テーブルでバーベキューを囲み歓談
 選手たちと一緒のテーブルを囲んだ参加者らは、ソーセージやロースポークなど肉ざんまいのバーベキューに舌鼓を打ちながら歓談。
 最後は全員が並んで記念撮影していました。

「夜間照明設置で川越のチームに」
 特定のホームグラウンドがなく、県内各地のグラウンドを借りて試合を続けているエルフェン。
 藤崎会長によると、「川越陸上競技場に夜間照明を付けて『エルフェン川越』として応援してほしい」との声は多く、「きょうの試合も当日券がいつもの4倍も売れるなど、エルフェンを応援する市民は多い。ぜひナイター照明の下で地元チームとして練習や試合ができるよう、川合市長にもお願いしているんです」などと話していました。

「機運盛り上がり、皆の励みになれば」
 こうした要望に対し、川合市長は「市民体育館や初雁球場の問題など、ほかにも市民の要望があるので、なかなか難しい。川越のチームとして皆で応援しようという機運が盛り上がり、市民の励みになるようになれば」などと話していました。
 気になる一部リーグ入れ替え戦「エキサイティングシリーズ」の本拠地での試合は、
10月17日(土) 13:00キックオフ (川越運動公園陸上競技場)対 大阪高槻戦
10月25日(日) 13:00キックオフ (熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)対 岡山湯郷ベル戦
10月31日(土) 13:00キックオフ (鴻巣市立陸上競技場)対 伊賀フットボールクラブくの一戦

となっています。詳しくはASエルフェン埼玉HPへ。
(写真は的場のサイボクハム・レストランホールで) 
交流会の最後に並んで記念撮影するエルフェンの選手や監督・コーチらと川越後援会のメンバー
交流会の最後に並んで記念撮影するエルフェンの選手や監督・コーチらと川越後援会のメンバー
 
< 過去のニュース短信へ >     <ニュースの窓へ>     <トップページへ>