ニュース・スケッチ         ▶トップページへ戻る

市内最高齢は鈴木ハツヱさん(108)
 川合市長が家族らと長寿祝う
      2015年09月21
川合善明市長(左)から表彰状と記念品を贈られ、家族と共に108歳の長寿を祝う市内最高齢の鈴木ハツヱさん(中央)=砂新田の特別養護老人ホーム「陽光園」で
川合善明市長(左)から表彰状と記念品を贈られ、家族と共に108歳の長寿を祝う市内最高齢の鈴木ハツヱさん(中央)=砂新田の特別養護老人ホーム「陽光園」で

市内100歳以上は男17人・女102人
 「敬老の日」の21日、川合善明市長が市内最高齢の鈴木ハツヱさん(108)と男性で最高齢の齋藤忠治さん(106)を訪れ、家族らと共に長寿を祝いました
 9月1日現在、市内の100歳以上の人は119人(男17人・女102人)で、鈴木さんは今回初めて最高齢者に。鈴木さんに次ぐ長寿ナンバー2は107歳の女性で、男性の齊藤さんは市内3番目の長寿となります。

108歳で市内最高齢となった鈴木ハツヱさん=砂新田の特別養護老人ホーム「陽光園」で
108歳で市内最高齢となった鈴木ハツヱさん=砂新田の特別養護老人ホーム「陽光園」で
秋田生まれで11年前に川越市に転居
 市内最高齢の鈴木ハツヱさんは、1907(明治40)年5月27日に秋田県仙北郡荒川村で6人きょうだいの長女として誕生。
 16歳で上京した年に関東大震災に見舞われ帰郷、18歳で見合い結婚した夫・多三郎さんとの間に12人の子をもうけました。
 主婦として炭坑で働く夫を支えながら岩手や宮城でも暮らしましたが、1974(昭和49)年に49年連れ添った多三郎さんと死別。
 1993(平成5)年からは、東京・品川に住む七女の田中良子さん(72)家族のもとで生活。2004(平成16)年に、田中さんの定年を機会に川越市下新河岸に転居。

4世代6家族8人に囲まれ長寿祝う
 2010(平成22)年からは、砂新田の特別養護老人ホーム「陽光園」(望月克己施設長)で暮らしています。
 週2〜3回は家族の誰かが見舞いに訪れているといい、この日は二女の佐々木タマさん(88)、三女の鈴木ミヨさん(87)、七女の田中良子さん(72)・孫の美好子さん(67)・ひ孫の武藤由美子さん(34)夫妻・玄孫(やしゃご)のみのりさん(8)とひかる君(1)の4世代6家族8人が集まって長寿を祝いました。
 子どもたちが「若い時から優しい母親で、大声でしかるのを見たことがない」と口を揃えるハツヱさんは、唐揚げや野菜の煮物などが好物。甘いものは餡(あん)菓子が好きといい、施設でも何でも食べるとか。施設内の移動は車いすを使っています。
 午前10時半から施設内で行われた祝賀会では、川合市長から賞状と記念品を贈られたハツヱさんは目を細め、穏やかにほほえんでいました。

5年連続で男性市内最高齢106歳を迎えた齋藤忠治さん=吉田の特別養護老人ホーム「みなみかぜ」で
5年連続で男性市内最高齢106歳を迎えた齋藤忠治さん=吉田の特別養護老人ホーム「みなみかぜ」で
齋藤忠治さん5年連続で男性最高齢
  男性で最高齢105歳の齋藤忠治さんは、5年連続の記録更新。
 1909(明治42)年の新潟生まれ。定年まで新潟県警の警察官を務め、44年前に長男・忠宣さん(74)の住む川越市に、妻・トシ子さんと移り住んできました。
 18年前に妻と死別してからは忠宣さんと2人暮らしを続けていましたが、5年前からは吉田の特別養護老人ホーム「みなみかぜ」(久保木京子施設長)に入所。

4世代2家族9人に囲まれ長寿祝う
 毎週、家族の誰かが会いに訪れており、この日は長女のみゆきさん(69)・直温さん(75)夫妻、孫の昌崇さん(39)・円さん(31)、ひ孫の優馬くん(7)・初花ちゃん(6)・隼史くん(4)・遙馬くん(5カ月)ら4世代9人が、川合市長らと共に長寿を祝いました。
 忠治さんは、耳や足腰こそ弱ってきたものの背筋をピンと伸ばし、今もかくしゃくとした様子。食材を細かく刻んであるほかは他の入所者と同じメニュー。自らはしやスプーンを使って、ゆっくりと食事を楽しんでいます。介護の手を添えてもらいながらも自分の足で館内を歩いて散歩したり、新聞や雑誌・テレビを楽しむ毎日を送っています。

年々増え続ける高齢者人口と割合
 9月1日現在、市内の65歳以上の人口は8万6,710人(前年比3,109人増)で24.77%(同0.87%増)、75歳以上の人口は3万6,040人(同2,175人増)と年々増え続けています。
 庭山芳樹・福祉部長によると、2025(平成37)年には75歳以上の人口が16.5%と約1.7倍に増えることが予想されており、市にとって高齢者施策はますます重要性を増してきています。

男性市内最高齢の106歳を迎え、川合善明市長(左)から表彰状と記念品を贈られる齋藤忠治さん(右中央)=吉田の特別養護老人ホーム「みなみかぜ」で
男性市内最高齢の106歳を迎え、川合善明市長(左)から表彰状と記念品を贈られる齋藤忠治さん(右中央)=吉田の特別養護老人ホーム「みなみかぜ」で
 
< 過去のニュース短信へ >     <ニュースの窓へ>     <トップページへ>